コンドロイチンZS錠【ゼリア新薬】の効果

ゼリア新薬とコンドロイチン

ゼリア新薬はコンドロイチンとともに50年を歩んできました。
1955年にゼリア新薬の前身であるゼリア薬症研究所が設立されてから、「肌から細胞を若返らせる」コンドロイチン配合化粧品が次々と市場に出ました。その後医薬品部門が創設され、医薬品としてのコンドロイチン硫酸が発売されました。そして現在のコンドロイチンZS錠につながっています。
ゼリアという社名は1950年後半に流行した言葉「ゼリア・トリックス=若返りの時代」に由来しており、「抵抗力を増して治療する」という意味だそうです。
高齢化社会に蔓延する慢性疼痛性疾患の改善を願って、ひたすらコンドロイチンに取り組んできたこの分野でのトップクラスの会社です。


ゼリア新薬のコンドロイチンZS錠

コンドロイチンZS錠はゼリア新薬が発売しているコンドロイチン配合の医薬品です。
1錠の中にコンドロイチン硫酸ナトリウムが260mg含まれています。1日3回各2錠服用することで1500mgのコンドロイチンを摂取することができます。
コンドロイチンZS錠は五十肩、関節痛、腰痛の緩和に有効です。加齢とともに減少していくコンドロイチンをしっかり補うことができます。
ひざ、ひじ、肩、腰に痛みや違和感のある人、五十肩で方が重く腕が上がらない人、冷えや疲労を感じると関節が痛む人などにぜひ服用していただきたい医薬品です。


加齢によるコンドロイチンの減少を補給

コンドロイチンはもともと体の中で合成される成分なのですが、20代を過ぎたころから生産される量が徐々に減少していき、50歳を過ぎるとその生産量の少なさが顕著になります。
その結果クッションの役目を果たしている軟骨を健康に保つことができなくなり、関節がスムーズに動くことができなくなり、五十肩、関節痛、腰痛など体の節々に痛みが生じてきます。
食品から補給することはとても大変なことです。コンドロイチンZS錠なら1日6錠の服用で十分なコンドロイチンを摂取できる手軽な方法としてお勧めです。